SAYAD'LOG

さやどろぐ。弱小webエンジニア。適当なことしか書きません。

ピンク色のvimは使い物にならなかったので、普通に可愛めのvim設定をしたクリスマス【Tech Women Advent Calendar 2014】

※この記事は、
Tech Women Advent Calendar 2014 - Qiita 25日目の記事として書かれています。

メリークリスマス!
@sayadroid です。

女の子パラダイスという夢のようなAdventCalenderのトリを飾らせていただくことになりました。
主催してくれた @sinamon129 に感謝して、
きっと埋まらないであろうクリスマス枠を早々に頂いた見切り発車なあの日。

まあまあ、先に書いたラブライブ!AdventCalenderの記事を始め、
この一週間で一気に3つの記事を書くはめになり、
あろうことかクリスマスの夜に何故か会社でこれを書いている20代ギリギリ前半女子です。

                                  • -

さて、今回は私の愛用エディタvimのカスタマイズについて丸っと記事にしようと思います。

何故このテーマを選んだかというと、
最初は使い勝手を無視した超可愛いラブリーterminalをつくろうと思ったんですよね。

で、とりあえずピンクだろと思って背景をピンクにしてみた。

色んなピンクを試して、文字のカラースキーマも色々試してみた。

結果。

f:id:sayadroid:20141225220325p:plain

使い物にならなかった。

                                  • -

ということで、諦めて、
大人しく普通に使えて可愛めのカラースキーマ設定したvimの設定の話をしようと思います。

・・・この時点で、ほとんど女の子要素関係なくなった。

色合いね…女の子が好きそうな風に…したよ…たぶん…!



※ちなみに私はmac使いで、必要なものはhomebrewで管理しております。



先に完成形の.vimrcをgithubに上げましたので、
ご紹介しておきます。

https://github.com/sayadroid/dotfiles/blob/master/.vimrc

                                  • -


それではサクサク行きましょう。
何故なら、急がないと私のクリスマスが会社で終わるからです。

macvimのinstall

brew install macvim

パスを通す

.bash_profileや.zshrcに

export PATH=/usr/local/Cellar/macvim/7.4-73_1/bin:$PATH  # for macvim

aliasを貼っています

alias vi='mvim -v'

NeoBundlerで便利なBundleをinstall

NeoBundlerの読み込みに関しては、こちらのサイトの設定が素敵にスマートだったので、
こちらを元にかかせていただきました。
http://vimblog.hatenablog.com/entry/vimrc_plugin_managementVim のカスタマイズ 〜 NeoBundle でプラグイン管理! 〜 - Vim のブログ


.vimrc で、NeoBundlerがinstallされている環境と
そうでない環境で読み込む設定を分けるというところがcoolです。

今回私はどちらの場合でも読み込みたい設定を
SetCommonSettings()という関数に書いて追加しておきました。

そして、読み込むBundleですが、今回はシンプルにこれくらい。

NeoBundle 'Shougo/neobundle.vim'
NeoBundle 'tpope/vim-surround'
NeoBundle 'alpaca-tc/alpaca_powertabline'
NeoBundle 'Lokaltog/powerline', { 'rtp' : 'powerline/bindings/vim'}
NeoBundle 'scrooloose/nerdtree'

各bundleの詳細は割愛します。
何故なら、急がないと私のクリスマスが会社で終わるからです。

iTerm2でのカラースキームpresetsを設定


https://github.com/mbadolato/iTerm2-Color-Schemes

NeoBundle で colorschemeをinstallして管理するのが一般的なようですが、
今回は上記サイトが豊富かつビジュアライズでやりやすかったので、iTerm2自体にカラー設定してしまうことにしました。

Downloadsディレクトリ等に適当に移動して、

git clone git@github.com:mbadolato/iTerm2-Color-Schemes.git

あとはiTerm2の

Preferences→Colors→LoadPresets
から、ダウンロードしたテーマをimport。
importしたpresetsを選択。

今回は、かなり色々なテーマがあって迷いに迷った結果、和風で可愛い
Japanesque
を選択。

背景の透明度

Profiles→Window→Transparency

を好みの度合いに右にずらして背景の透明度をあげます。

iTerm2カラースキームのカスタマイズ

可愛いテーマではありますが、少し見づらいところがあったのでそのテーマをカスタマイズします。
こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

http://d.hatena.ne.jp/thinca/20130410/1365530054

vimを開いた状態で

:so $VIMRUNTIME/syntax/hitest.vim

で、現在の指定色が確認できますので、確認しながら色味を調整していきます。

前景色、背景色は、CUI 版では色名か色番号、GUI 版では色名か #RRGGBB 形式で指定できます。

function! s:SetCustomColorScheme()
  " iTerm2のpresetsにJaponesqueをセットした時のカスタマイズ
  highlight LineNr ctermfg=red guifg=red
  highlight Statement ctermfg=magenta guifg=magenta
  highlight vimComment ctermfg=blue guifg=blue
endfunction

といった具合です。

これはあくまで今回のiTerm2にセットした、
Japonesque presets
に寄った指定要素のなので、関数化して切り出してあります。

別のpresetsにしてある場合は、
この関数の中身をすっからかんにするところから始めて頂ければと思います。

以上でこんな感じです。

f:id:sayadroid:20141225220329p:plain

本当はpower-lineのcolor設定とかもやりたかったんですが、
急がないと私のクリスマスが会社で終わるのでご勘弁下さい。

そんな感じで、
Tech Women Advent Calendar 2014 - Qiita 最終日の投稿とさせて頂きます。

ありがとうございました!

それでは、残り2時間弱、
素敵なクリスマスをお過ごし下さい(*´∀`*)